工事現場ではAEDを準備|レンタルの値段も確認してみよう

ヘルメットを持つ人

作業資格

高所作業車の運転や作業をする場合は資格が必要で、特に作業をするという場合は所定の講習を受講し修了しなければなりません。価格は意外と高く、数十万円することも多いです。各スクールによって料金は変わってきます。

瓦礫

レンタル出来る

高所作業車をレンタルしている業者では様々な高所作業車を扱っていて、自走式や固定式も存在しています。いくつかモデルが存在し、スカイマスターやスカイデッキなどの名称で呼ばれることもあります。

命を救う機械

男の人

クレーンフックは重い物を持ち運ぶという機能を持っています。主な活躍場所は工場や工事現場です。人間が持ち運びをすると多くの人数が必要な物であっても、クレーンフックを活用すれば少人数の参加で済ませられます。つまり人件費の削減に大きく役立つのです。しかし重い物を運ぶという特性は、クレーンフックにトラブルが生じると大きな事故に発展する事を意味します。その場合の為にも現場には必ずAEDなどの人命救助品を用意して置く必要があるでしょう。例えばクレーンフックが稼働している途中で、鉄網や本体が壊れると運んでいる物が落下します。その場合には大きな事故になり、また事故に巻き込まれた場合にはいち早く救助を行なわなくてはなりません。こうした場合には必ずAEDなどの人命救助具が必要になり、この道具がなければ一命を取り留められなかったというケースも非常に多いのです。値段のことを気にせず、最近ではレンタルもたくさん出てきているので、気兼ねなく利用してみましょう。レンタルの値段は個人にも法人にも取り扱いやすい金額になっています。

こうした作業現場では事故があってはならないのですが、大なり小なりで事故は起きてしまいます。小さな事故の場合では簡単な応急処置程度で問題無いケースがほとんどです。しかし、現場作業では大きな重機などが複数移動しているため巻き込まれてしまうとかなりの大きな事故になります。こうした事故は命に関わってくるので、必ずAEDが必要になります。AEDは購入するだけでなく、レンタルすることも可能なので長く使う場合には購入しておく必要がありますが、急遽工事が入ったり極稀に現場に出入りする機会があるといった場合にはレンタルの方がお得です。人命に関わる部分なので慎重に考えて導入すべきものといいえるでしょう。

クレーン

高所作業の鉄板

建築作業や高所で行なう工事の場合には特殊な作業車が必要になるでしょう。こうした特殊な作業車は普通免許では運転することができないため修練が必要になります。こうした修練は信頼されるためにも必須といえます。