工事現場ではAEDを準備|レンタルの値段も確認してみよう

高所作業の鉄板

クレーン

建築物の工事や高所部分の作業を行う時に必要になるのが高所作業車でしょう。高所作業車は特殊車両に分類される自動車であり、普通免許では操作することが出来ない事もあります。殆どの場合で昇降装置が搭載されていて、定義としては2m以上に昇降できる装置が搭載されている自動車を全般的に高所作業車と呼びます。昇降装置に関しては人力で行う場合も自動で行う場合も高所作業車に分類され、自走できる場合も自走出来ない場合も同様に高所作業車として扱います。高所作業車が活躍する範囲は意外と多く、例えばはしご車などは代表的な高所作業車ということが出来ますし、電話線や電柱工事を行うバケット付きの自動車もよく見かけます。また航空機清掃を行うために用いられる専用車両も高所作業車ですし、ドラマや映画撮影で用いられるリフト付き自動車も同様に高所作業車になります。高所作業車を運転するためには基本的に自動車免許が必要ですが、免許の区分によって昇降可能な高さが定められています。
例えば中型免許を取得している型なら32.2mの高さまで昇降することが出来る高所作業車を運転操作することが出来、大型免許であれば40mまで昇降可能な作業車を運転操作することが出来ます。運転と作業とは別に、リフトに乗降し作業を行う方は所定の技能講習を受講する必要があり、修了証書を持っている必要もあります。便利な半面間違うと大きな事故に繋がるため誰でも運転操作することが出来るわけではなく、免許や修了という形で資格の保有が義務付けられています。高所作業車は日本の自動車メーカーも販売を行なっていて、大多数のメーカーが日本企業でもあります。