工事現場ではAEDを準備|レンタルの値段も確認してみよう

レンタル出来る

瓦礫

特殊車両に分類される自動車の購入をするのは難しく、価格も高いですし正しくメンテナンスが出来る施設がなければ販売が出来ないという制限がある場合も多いです。特殊な分メンテナンスもしっかり行う必要があり、これを怠ってしまうと大きな事故に繋がってしまいます。ただ特殊車両を必要とする場面は意外と多く、どうしても必要という場合で免許を持っている時はレンタル業者からレンタルをすることで用意することが出来ます。特殊車両にも幾つか種類がありますが、代表的なものに高所作業車があります。勿論レンタル業者では高所作業車も扱っていて、様々な種類の高所作業車の中から選ぶことが出来るでしょう。一般的に見る10mの昇降機能が付いたリフト車などはスカイマスターなどと呼ばれていて、最も一般的にレンタルされる高所作業車です。スカイマスターは人一人が作業できる程度のバケットしかありませんが、複数人でも作業することが出来る大きなバケットを持っている高所作業車はスカイデッキと呼ばれる事があります。
スカイデッキはトンネルの上部を点検する時などにも用いられています。最長で20mの昇降をすることが出来る車両もあります。スカイブームと呼ばれる高所作業車はその名の通り縦横無尽に細かく動かすことが出来ます。建造物の作業などに利用されることが多く、例えばはしご車などもどちらかと言うとスカイブームに分類されます。焼香できる高さが高いという特徴を持っていて、30mから40mまで昇降できるモデルもあります。スカイZと呼ばれるタイプはまるでアルファベットのZのように曲がることかできる事ができ、例えば航空機のクリーンアップなどに用いられることもあります。屈折することが出来るためリーチ距離が短くても安定させることが可能な特徴を持っています。レンタル業者では必ずしも自走式の高所作業車しかないわけではなく、例えば配送現場などで用いられる固定式の高所作業車もレンタルすることが出来ます。