工事現場ではAEDを準備|レンタルの値段も確認してみよう

作業資格

ヘルメットを持つ人

高所作業車を利用すると地上から数十メートルという高さまで昇降することが可能になります。高所作業車自体も各メーカーから様々な種類が販売されていて、利用する目的によって最適な作業車自体も変わってきます。特殊車両に分類されるため簡単に購入することは出来ませんが、実はレンタルをすることが出来資格さえ保有していれば誰でも使用することが出来ます。ただ実際に作業を行ったりする場合にはそれなりに技術が必要になり、運転をする人は中型や大型の免許、作業をする人は作業技能講習を修了する必要があります。作業技能講習に関しては3日間程度の講習を受けることで修了証書を受け取ることができ、購入の中では学科や実技をこなしていく必要があります。高所作業車で作業をする必要になったら前述した講習を受けることになりますが、受けるためにはそれなりに受講料を支払う必要があります。講習料金は思っている以上に高く、数十万円することもよくあります。そのあたりはドライビングスクールによって大きく異なってくるため安く抑えたいという場合はスクール選びもする必要があるでしょう。
ドライビングスクールで基本受講をするため、中型免許や大型免許などの高所作業車の運転免許が無い方でも受講することができ、同時に取得まですることが可能です。事前に申し込みをする必要があり、普通自動車の申し込みと同様に入校という形で申し込みを行います。申込書を事前に持っていく必要もあるでしょうし、勿論普通自動車を取得しているのが前提なため自動車免許のコピーなども持っていく必要があります。また証明写真も必要ですし、受講料金も支払う必要がある場合もあります。入校に必要なものはスクールのHPに詳しく記載されているため、事前にチェックしておくと良いでしょう。